ブログトップ

●●dari Jepang●●

darijepang.exblog.jp

ごめんなさい…

週末ランチに行ったお店での出来事。

「お蕎麦が美味しい」と書いてありずっと気になっていたお店。

「久しぶりに美味しいお蕎麦が食べられるかな?」

「楽しみ~♪」

「手打ち蕎麦らしいし、期待度大やな~。」

そんなことを話しながらいざ店内へ…。

「イラッシェーマーセー」

ピークは過ぎていましたが店内はあまりにも閑散としている様子…。

「あれ…。ガラガラ?」(←いきなりハズした感あり…)

「ホンマやな…。」(←主人も何かを感じていた様子)

「『天ざる』を2つお願いします。」(←主人は大盛りを注文)

「テンジャル ト テンジャルオオモリ デスネ。」

私たちは少し不安な気持ちで待っていました。(←なぜか沈黙…)

店内は見た目も匂いも田舎のさびれた食堂のような感じ。
(よく言えばレトロっぽい昭和な感じ?でもそれともちょっと違った)

しかも出てきたお茶には小さな虫が入ってた…。(←更に不安になる2人)

待てども待てども『天ざる』はなかなか出てこず…。

「他のお客さんいないのにね…。」

「遅いね…。」

しばらくすると、ようやく『天ざる』が運ばれてきました。
c0220105_23241550.jpg
主人:「見た目はなかなか!」(←お膳に乗ってて何だかそれっぽい♪)

私:「おにぎりまでついてるよ!」

2人:「いただきま~す。」

主人:「まずはお蕎麦から…。」

2人:「・・・・・・・・・・・」(←茹ですぎなのかコシなし…)

私:「天ぷらはどうかな?」

2人:「・・・・・・・・・・・」(←衣厚すぎやしベシャっとしてる…)

主人:「見事に魚介の天ぷらやな…。」(←主人は魚介類NG!)

主人:「おにぎりはどうやろ?」

私:「うん。美味しいけど…。」

私:「残念ながら中身は鮭やで…。」(←こちらも主人NG!)

2人:「・・・・・・・・・・・」(←もうコメントすることもない…)

主人:「申し訳ないけど見事に食べられへん…。」

あまりに期待しすぎていたせいか2人ともテンション下がりまくり…。

主人:「無理せんでええで…。」

私:「うん…。申し訳ないけど残してええかな…。」

主人:「俺も無理やわ…。」

私:「2人とも全く食べてへんね…。」

主人:「仕方ないやん!不味いねんから!」

主人「支払いお願いします…。」

店員さん:「・・・・・・・・・・?」(←キョトンとした様子)

店員さん:「どうして?全然食べてないのに…。」

私「・・・・・・・・・・」(←なんて言おう?)

店員さん:「どうして?」(←困った顔で聞いてきた)

私:「私、もうお腹いっぱいなの…。」(←バレバレの嘘)

店員さん:「だって2人とも全く食べてないじゃない…。」

私:「ごめんなさい…。」

主人:「美味しくないからだよ!」

店員さん:「・・・・・・・・・・」

重苦しい雰囲気の中、私たちは店を後にしました。
あまりに期待しすぎたせいかとても悲しい気持ちでした。

「せっかく作ってくれたのにごめんなさい…。」(でももっと頑張ろうよ!)
[PR]
by kongoo-831 | 2010-06-30 10:06 |
<< 夏バテ解消メニュー 久しぶりの餃子 >>