ブログトップ

●●dari Jepang●●

darijepang.exblog.jp

ジャカルタ旅行記⑥

ジャカルタ滞在6日目…。
(もうしばらく、『ジャカルタ旅行記』にお付き合い下さい)

連日、エステやマッサージに行きまくりの極楽days♪

夕方には主人もジャカルタ入りするので、一人行動も今日が最終日。

しかも上手い具合に本日、『WICのバザー』が開催されると知り、
1人で出かけることにしました。(←年に一度の大規模なバザー)

1人でふらっと出かけたにもかかわらず、会場に入って5分もしないうちに何人の方に声を掛けられたことでしょうか…???

「〇〇さん!何でここにいるの???」

「いつ来たの???」

「日本の生活はどう?」

多くの日本人駐在妻の方が楽しみにしている催しなので、「必ず誰かに会うやろな…」とは思っていましたが、まさかこんなにたくさんの懐かしいお顔を見れるとは…。

久しぶり感ゼロで気軽に声を掛けて下さった皆さん、ホントに嬉しかったです☆アリガトウ♪

ひと通り見終えて、「そろそろホテルへ戻ろうか…」とタクシーの拾える
場所に向かおうとしたところ…。

「何じゃこりゃ…!!!」

何やら物凄い人の波が押し寄せてきました。

どうやら別のホールで開催されていた「大学の卒業式」が終わった
模様…。(←皆、青いマントに帽子姿)

「こりゃ、早くタクシー乗らんと大変やわ!!」

しかもポツポツと雨が降り出しました。

「あちゃーーー。ツイテナイ」

タクシーを拾おうとすると、「順番とか譲り合いとかの精神」が全く欠如
しているインドネシア人達がお構い無しに割り込んできました。

「こりゃ、強引にでも乗らな帰られへんわ!」

「よし!行くぞ!」

すると、一台のタクシーがやって来て、ちょうど私の目の前で乗客を
降ろしました。

「ちょっと待って!」

すかさず、私がタクシーに乗り込もうとしたところ…

「どこまで行くんだい?」

「〇〇ホテルに行きたいんだけど…。」

「近すぎるから、イヤだよ。」
(通常なら車で5分位の距離ですが歩くことは不可能!)

ここでまさかの乗車拒否!!!

「何でアカンのよ!!!」

「近すぎるよ…。」

「確かに近いけど…何でアカンの?」

「だって近いと安いじゃないか…。」

「安くったってお金払うんやからエエやんか!」

「うーん…。」

「雨降ってきたし、タクシーなかなか来ないの!」

そう言って半ば強引にタクシーに乗り込みました。

「〇〇ホテルまで行って下さい。」

「わかったよ…。」(←渋々OKした感じ(笑)

「おっしゃー!!!」

何が何でもタクシーを捉まえなアカン状況やったこともありますが、
この3年ですっかり逞しくなった自分にビックリ!

結局、大混雑&大渋滞のお陰で、普段なら5分で行ける道のりが
1時間弱もかかりました。

「乗せてくれてありがとう!助かったわ!」

「近くてもそこそこの金額になったし結果オーライでしょ♪」

「ヤー!トゥリマカシ~アリガト~」

思わぬところでインドネシア語が役に立ったと感じる一件でした☆

「ジャカルタ旅行記⑦」に続く
[PR]
by kongoo-831 | 2013-01-09 10:32 |
<< 準備OK! 今さらですが… >>