ブログトップ

●●dari Jepang●●

darijepang.exblog.jp

ローカルスーパー

こういう風景、いかにも「外国のスーパーマーケットだ!」と思いました。
c0220105_1121325.jpg
日本に比べると、どこも売り場面積が相当広くて迷子になりそうです。
野菜、果物、肉、魚などは、主に量り売りで、自分で好きな分だけ袋に入れ、店員さんに渡せば、その場で量って値札のシールを貼ってくれます。
c0220105_1131017.jpg
ご覧のとおり、とうがらしは1パックにかなり入っています。
「見てるだけでも辛そう~!」

初めて、1人でスーパーに行った時は、この量り売りシステムを知らず、
袋に入れてそのままレジに並んでしまいました。
普段なら、常に売場ごとに店員さんがいて、その場で量ってくれるらしい。(私の時に限って、なぜか誰もいなかった…)

レジ係の方は、「あれ?全部、値札シールついてないやん!!」といった様子で、店のスタッフを呼びました。

「ちょっと~、これ全部、量ってきて~!」
「え~っ?これ全部?」と言ってるようでした。

「ごめ~ん。私、このシステム知らなかったんだよ~!」

おかげで、私の並んだレジは大行列になってしまいました。
私は、「Maaf.」(←「ごめんなさい」という意味。)と言いながら、ションボリ待っていました。

後ろのお客さんからは、「あらあら…。この外人、何やってんだか…?」
「仕方ないわね~」と言った様子で見られ、私は冷や汗ビッショリでした。

これも、もう次回からは大丈夫!
[PR]
by kongoo-831 | 2009-10-28 12:31 |
<< とりあえずお試し♪ インドネシアの水事情 >>