ブログトップ

●●dari Jepang●●

darijepang.exblog.jp

懲りずにリベンジ・・・

3ヶ月前、美容院で思うように意思疎通が出来ず、予想外に
短くなった私の髪。

それでもだいぶ伸びてボリュームが出てパサついてきました。

「そろそろ、美容院に行こうかな…。」

「一時帰国まで我慢するかなぁ…。」

「いやいや…結んでおくにしても乾かすの大変やしな…。」

「こっち(←ジャカルタ)でもう1回切るかな…。」

「誰かに聞いて違う美容院に行ってみよっかなぁ~。」

そうこう思いながら数週間が経ちました。

「よし、今日は新しい美容院に行ってみよう!」と張り切って予約の電話をしてみたら、定休日だったり、予約が取れなかったり…。

「もう…。せっかくその気になったのに…。」

「もう1回だけ下の美容院行ってみるかな…。」

夕方4時ごろ、今回も予約なしでお店に行ってみました。

私:「ハ、ハロ~。 今から髪切りたいんですけど…。」

店員さん:「O~K~♪ 」(←やっぱり今日もお客さんいないんや…)

店員さん:「〇〇さんでしたね?シャンプー台へどうぞ~」

私:「えっ?名前覚えてくれてたの? ありがとう♪」

シャンプーを終えると、奥から例のオネエ系のスタッフがやってきました。(今日も黄色いスマイルTシャツ着用してました)

店員さん:「ハァ~ロォ~♪ アパ カバール?」
      (いらっしゃ~い♪ ご機嫌いかが~?)

私:「バイクバイク サジャ ヤァ」(←元気です。)

店員さん:「あらっ! インドネシア語話せるようになったの。すご~い!」

私:「ちょっとだけ…。」

店員さん:「すごいじゃな~い! 今日はどうする~?」

私:「こんな感じにして下さい。」(←日本のヘアカタログを持参)

店員さん:「ワァ~オ! 可愛い~❤❤❤ これ日本のヘアカタログ?」

私:「はい。日本から取り寄せました。」

店員さん:「このカタログっていくら位するのかしら?」

私:「Rp.70.000,-(←700円)位です。」

店員さん:「あらっ、そんなに高くないのね。いいじゃない~。」
      (かなり興味深々な様子でじっくり見てた)

私:「あの~、私の髪って硬くて多いんですけど…。」

店員さん:「そうね~。硬くて強いわよね…。」

私:「ちゃんとこんな感じになりますかね~?」(←一応相談してみた)

店員さん:「大丈夫よ。ちゃんとしてあげるから!(←そう言うと思った…)

私:「じゃ、じゃぁ、よろしくお願いします。」

店員さん:「O~K~♪ カタログ見ながら切るわね~。」

案の定、いきなり豪快にザクザクと切り始めました。

「前回以上に短いのは確実やな…。」

「まぁ、これから暑なるしシャンプー楽やし…。」

「中途半端に長いよりいいか…。」

そう思いながら、覚悟を決めて目を閉じていました。


数分後…。


店員さん:「こんな感じかしら?」

私:「か、かなり短いね。」(←カタログ見て切ったんだよね…?)

店員さん:「とってもお似合いよ~。」

私:「あ、ありがとう…。」

店員さん:「じゃ、乾かしていくわね~。」
(ドライヤーを少しあててから、ヘアアイロンでセットし始めた様子)

私:「・・・・・」(←やっぱりボリューム出てるやん!)

店員さん:「貴方の髪質は少しクセがあるでしょ…。」

店員さん:「だから、アイロンで少し伸ばしてあげるといい感じよ。」

私:「そうですか…」(←ヘアアイロンなんて持ってないし…)

店員さん:「ハイ♪ 出来上がり~」

私:「ありがとう。」

今回は前回以上に短くなり、しばらくは結ぶことも不可能っぽい…。
寝グセなんてついた日にゃかなり大変かも…。

明日の朝、鏡を見るの怖いわ~。
[PR]
by kongoo-831 | 2010-05-12 08:15 |
<< とんかつ 毎日毎日… >>